Genius Party Beyond
PR
New entries
Recent comment
  • マンション投資で少ない自己資金で大きな資産を
    リア充 (05/15)
  • マンション投資で少ない自己資金で大きな資産を
    粒あん (04/21)
Recent trackback
Profile
Categories
Archives
応援ポチッ!
人気ブログランキングへ
SEO
Links
Search
Admin

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • Category : - |
    • スポンサードリンク |
    • |
    • - |
    • - |
    • - |
    • - |

    スカイコート

    0

       スカイコートは東京都に本社を構えており不動産業はもちろんホテルや旅館、旅行業、レストランやコンビニエンスストアなど幅広い業務をされている会社です。
      スカイコートは昭和44年創業でありマンション経営において29年という不動産業界では珍しい長い実績と経験を備えている有名会社です。
      多くのオーナー様のサポートをするとともに多くの事例によりどのような状況にも対応できるスキルを兼ね備えており
      二万人以上のオーナー様との契約実績を持っております。

      マンション経営において一番気になるのが入居者がいない、空室があることによる収入の減少です。
      しかしご安心ください、スカイコートではそんなオーナー様の心配ごとを解決する為に
      借上げ保証システムを採用しております。
      これはスカイコートがオーナー様がお持ちのお部屋を借り上げ入居者様を募集し貸すことです。
      これによりオーナー様は空室による収入の減少をなくすことが出来安定させれます。スカイコートも
      手数料を得ることが出来るので両者が得をします。
      さらには家賃の回収やクレーム対応などもスカイコートが代わりにしてくれるため
      本職があるオーナー様からしてみると負担が減り本職に専念できるため素晴らしいシステムと言えます。

      他にもスカイコートはリフォームや管理、清掃業務など本来はオーナー様がしなければならない業務を全てサポートしてくれます。
      それらはスカイコートグループの各社がそれぞれ専任しており忙しくて怠ったりミスをするなどがありません。

      また防犯、安全面に重点を置いており
      24時間365日完全にマンションを管理しているので
      深夜や早朝などにトラブルなどが起きてしまった場合も一人で抱え込まずに解決することができます。

      三井レジデンス

      0

         


        企業がテレビCMをする時の方法の1つに、
        イメージ戦略というのがあります。

        例えば、
        CMに出ている人が、元気で活発な動きをしていれば、
        その企業は明るく活気のある企業だと思うようになります。

        また、
        静かでノビノビとした大自然の光景を見せられたり、
        鳥のさえずりで気持ちよさそうに寝ているシーンを見ると、
        その企業は、ゆったりしたマイペースな企業だと思いがちになります。

         


        ただし、
        CMでそのようにしていたからといって、
        必ずしもそれが企業体質やカラーに当てはまるとは限りません。
        実は企業実態としては、
        毎日、怒号が飛び交ったり、人が倒れるほど仕事を無理強いさせる
        会社だという可能性もあるのです。


        ただし、全ての企業がそうではなく、
        扱う商品やサービスの効果などを言葉で上手く説明できないせいで、
        そうせざるを得ない場合もあります。
        薬やビールのCMは違いますが、住まいのCMというのは、
        その傾向が強いものです。

        その中の1つの企業として、
        レジデントファーストという会社のCMが当てはまります。
        この会社は、三井不動産グループに所属していて、
        CMのイメージから思わず「三井レジデンス」という会社が
        あると考えがちになりますが、
        そのような名前の会社は実在していません。


        1941年からある70年以上の歴史と信頼のある三井不動産と違い、
        その協力会社のレジデントファーストは、
        2003年に出来た創業から10年ほどしか経っていない
        比較的、新しい企業です。


        事業内容は、不動産の賃貸と仲介業で
        東京を中心に横浜・川崎にも不動産物件を持っています。


        東京以外の人にとっては、
        レジデントファーストと深い結びつきを持つ可能性は現在のところ、低いです。
        ただし、レジデントファーストには、
        バックに三井不動産ブランドがあります。

        ですので、
        着実に利益が伸びていき、事業規模の拡大に成功していけば、
        関西や東海地区にも進出する可能性はあると言えます。

        不動産投資の仕事に携わる人の話によると

        0

          収益不動産投資の仕事に携わる人の話によると、
          もちろん、買いたいお客さんからの相談がたくさん来ます。

          その一方で、意外に思われるかもしれませんが、売りたいお客さんからの相談も来ます。
          売りたいお客さんからの相談ですが、本当に色々なものがあります。

          その内容は、
          投資家さんで売却したら儲かる値段で売りに出している物から、
          返済が苦しくて売る物までたくさんもあります。


          時には、一般の住宅を売ることや店舗、工場などの案件、
          M&Aが絡んだ、企業ごと不動産を売却したい、など規模の大きくなるお話もあります。

          ですが、売りたいと思っている人の多くは、
          とても損をしている印象があります。

          特に新築で一戸建てやマンションなどの不動産投資を買っている人は、
          数年〜数十年で売り出しますが、
          売る時の価格で残っている借金が帳消しにならないものです。

          売る時の価格というのは、相場で決まり、
          「借金がこれだけあるから、この値段で売りたい」
          と言っても買い手が付かず、
          買い手が付きそうな値段で売り出さないと売れません。

          新築の住宅は、一戸建てにせよマンションにせよ、
          どちらも業者の利益がたくさん乗っているので、
          買った瞬間にその利益分が損します。


          これは、投資物件でも同じで新築のワンルームマンションなどの不動産投資は、
          業者の利益分損する仕組みになっています。
          ですので、以上の点から、売り案件から見ると
          新築が投資、実用ともに本当に儲ける事が出来ません。

          物件から得らる家賃収入は

          0

             ワンルームマンション投資は 人気があります。

            ひさしぶり!えっ、はじめて?じゃあ、よろしくね♪
            今回取り上げるテーマはワンルーム投資です。
            不動産経営は、サラリーマン向き?なんでしょうか?
            そうですよ。
            資金もあまりいらないですし・・。

            不動産を購入し賃貸すること際の購入ローンも、定年時までに完済できれば、
            その後の物件から得らる家賃収入は全てそのまま投資収益となります。

            ワンルームマンション投資の必要経費として認められるものには、登記費用、
            減価償却費、税金、管理費、金利、修繕費などがあります。

            将来に向けての対策をしっかり立てている場合には、不動産投資が大変多いです。
            ワンルーム投資をするには、リスク回避のための計画や手続き、諸費用、不動産関連法規などを事前に
            わかっておくと、とっても役立ちます。

            投資用マンションを購入することに私が興味をもつのも皆さんわかりますよね!
            今日のところはこんなんでいいんじゃないでしょか?

            年金制度は廃止

            0
              JUGEMテーマ:気になること
               今回紹介する話題は、マンション経営にとってものすごく関係があって、情報を持っていた方が良い知識になります。 

              賃貸経営を何の障害もなく進ませる一番の運用法関連情報収集ですよね。 

              ずいぶん先にお考えの方でも資産運用をお考えの方は最初は新聞を読むことからスタートされる人が多くなっています。

              年金制度は廃止に

               2010年の国勢調査で、日本の人口は1億2806万人であることが明らかになった。ところが、これから人口は急速に減少しはじめ、2040年代には毎年100万人以上のペースで人口が減少。50年後の2060年には、約4000万人も減って8674万人になってしまうという(厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所)。
              2012年02月13日(月) 週刊現代
              [わずか20年後には始まる 一気に4000万人が消える!人口激減社会ニッポン これがあなたの子と孫の未来だ]



              大変です。何か自分年金を作らなくてはいけない。

              こんな話もあってここ2,3ヶ月私たちの周辺では、不動産投資が、ブームのようなんです。 
              コンパクトマンションに投資をする事は高い投資効果がある運用として非常にすばらしいやり方です。 

              なぜ?セカンドライフを迎えるのにできるのかといいますと支払いが終了すれば家賃が不労所得として入るからです。 

              「65歳以上は高齢者」見直し 現役への負担軽減

              0

                政府、弱者ではなく支える側に
                政府は65歳以上を一律に「高齢者」と位置づける現行の定義の見直しに着手する。5
                月をめどにまとめる「高齢社会対策大綱」で、高齢者も可能な限り「支える側」に回
                る考え方を打ち出す。元気に働くシニアも多く、すべて「弱者」と見なす仕組みで
                は、現役世代の負担増大に歯止めがかからないためだ。
                <日経新聞2012年2月22日>

                将来生活設計を考えた場合、65歳以上は高齢者という定義が見直されると、ライフプ
                ラン自体、
                見直さなくてはいけない。
                高齢者も「支える側」に回る考え方になれば、シニアになっても働き続ける必要があ
                り、JUGEMテーマ:気になること
                収入の補助が少なくなれば、自助努力で老後の資金を運用などで用意する必要性が出
                てくる。

                ワンルームマンション投資

                0
                  ワンルームマンション投資は ローン終了後には優良な収益資産が自分のものになり、
                  毎月の収益は自分の収入になります。

                  都心の優良物件であれば家賃保証を選べます。

                  学生や単身者の方に人気があるワンルームマンションであれば
                  、少し賃料を下げればすぐつきます。

                  というのも日本は現在、少子高齢化の影響で人口が減少していると
                  いう事実があります。判断できるようになるのです。

                  つまりは 賃貸業を行う上で東京で賃貸需要が高いエリアで、
                  しかも供給が不足しているエリアでなければ賃貸業は長い目で
                  見れば成立しないということです。

                  首都圏の不動産、マンションは回復基調?

                  0
                    なんかいろいろな記事を見ると首都圏の不動産が
                    回復してきたようなことが書いてある。
                    本当なのだろうか?
                    下がその記事である。 

                    首都圏賃貸住宅、成約件数が2ケタ増 アットホーム調べ
                     アットホームの全国不動産情報ネットワークにおける首都圏の居住用賃貸物件を対象にした調査によると、8月の成約件数は1万4679件で、前年同月比18.3%増加した。4カ月連続の2ケタ増。またエリア別に見ると、前月6.1%増にとどまっていた神奈川県が17.0%増。これにより、2年8カ月ぶりに全エリア(東京23区、東京都下、神奈川県、埼玉県、千葉県)で2ケタ増になった。
                    <朝日新聞2011年9月27日>
                     
                    9月の首都圏マンション発売戸数、16.7%増 近畿圏は7.3%減
                     不動産経済研究所が13日発表した9月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比16.7%増の3713戸と、2カ月連続で増加した。契約戸数は2884戸で、月間契約率は2.8ポイント上昇の77.7%だった。10月の発売戸数は4500戸前後の見込み。
                     同時に発表した近畿圏の新築マンション発売戸数は7.3%減の1957戸。契約戸数は1295戸で、月間契約率は3.0ポイント低下の66.2%だった。10月の発売戸数は2300戸前後の見込み。
                    <日経新聞2011年10月13日>

                    震災で買い控えしてきた人たちが、動き出したのかな?
                    フラット35の1%優遇が、9月までだった気がするのでその影響の
                    駆け込み需要なのかわかりかねる。
                    とにかく不動産業界にとっては明るい話。

                    マンション投資絶好機?

                    0
                      マンション投資絶好機?
                       経済財政白書、低金利で持家・分譲好調
                       内閣府が22日に発表した11年度経済財政白書によると、住宅投資は、景気の持ち直しにやや遅れて上向いてきたが、
                      東日本大震災を境に弱い動きが見られるようになったとしている。持ち直し局面では、持家と分譲が住宅投資全体を押し上げてきた。
                      その背景として、金利優遇措置や贈与税の非課税枠が拡大されたことを挙げている。
                      さらに、長期固定金利、変動金利が低下を続けていたことも、住宅需要を刺激したと分析。
                      持家と分譲が住宅投資市場を牽引してきた一方で、貸家は低迷が続いている。白書では、持家と分譲は「貸家に比べ充実した支援策が行われてきたため」と指摘。
                      また、「金利低下は住宅需要を賃貸から取得にシフトするインセンティブになった」とし、政府の住宅政策と低金利が持家と分譲に有利に働いたとみている。
                      <日刊不動産経済通信2011年7月25日>
                       
                      震災を機に弱含みとなった住宅投資は、低金利を背景に持ち直し傾向があり、
                      不動産株は堅調を維持しそう。消費者の動きも金利低下は住宅需要を賃貸から取得にと導いている。
                      不動産購入時期は今かも知れない。
                      マンション投資絶好機?

                      投資マンション購入には、その投資を見つめる必要がある

                      0
                         投資マンション購入には、その投資を見つめる必要がある。
                        価格が提供するために十分である必要があります。
                        大まかな方向性を形成するが見つかってアパートを、
                        あなたは皆のための具体的な方法を与えることができることによって、
                        投資資産として実物資産への投資の必要性をあなたは
                        マンション投資で取得します。
                        それは本質的に資産価値は、残存価額、将来価値の真の価値は...どれも
                        他に比べて、それが低いです。
                        信頼性と互換性の面では、パートナーを、私は、十分な資産管理をまかせることができるか
                        長い付き合いを続け、長い目で見て考える。

                        不動産投資は安定した収入があり、また、税制上の優遇措置を期待できる。
                        また、そのように、常に慎重に大規模な投資の場合には、
                        変動するの市場動向を観察し続けなければならない、
                        暗い部分といえますが観察しないと非常に危険です。

                        確かに都内中心部、優れた利便性と汎用性を持つ魅力的なロケーション、
                        だと本当に高い不動産価格になり、投資額と収率が見劣りしてしまうのです。